担当:チャールズ・寒川

 

動物の行動には全て意味があります。そして動物の行動には全てお金が発生していることは皆さんご存知でしょうか。そうです。動物界にも人間界と同じようにアルバイトも存在しますし、支出も存在します。今日はそれを紹介したいと思います。
まず、猿同士が体のノミを取り合っているのを見たことがある方も多いと思います。あれは時給800円です。1時間やったら800円もらえて、代わりに自分もやってもったら800円渡すといった具合です。ただ、猿の中でも、小型寄生虫取扱検定2級以上を取得している場合は就職に有利だったり、時給も950円ぐらいになります。
もちろん専門学校を卒業する必要がありますがね(笑)
資格の大猿というところで取れます。入学規定は満4歳以上の猿であること、他の芸能事務所に所属していないことで、入学金は10万円です。
このような感じで動物はみなお金で動いています。

動物園で見られる動物たちのパフォーマンスにも実はお金が発生しているのでそれをどんどん紹介していきます。

孔雀のファサッ:1回50~60円

アシカのゴロン:1回90~100円

ラッコのカンカン:1回100円~120円

モルモットのクンクン:1回150円前後

アルマジロのクルン:1回200円前後

ペンギンのとてとて:1m250円

ハム太郎のへけっ:1回1万円(スポンサー付きのため)

象のデカフン:0円


動物園の思い出:プライスレス

お後がよろしいようで。