担当:チャールズ・寒川

 
どうもこんにちはチャールズ寒川です。
夏休みも終わりまして僕はある大変なことを思い出してしまいました。
そうです。小学校1年生の夏休みに出された読書感想文の宿題を提出するのを忘れていました。
ヤバいです。
おそらく小学校1年生の時の担任の先生は今頃もうカンカンでしょう。
もうかれこれ13年も提出していないんですから。
このままでは僕の学歴が幼卒になってしまいます。
という訳で今から当時の気持ちになって書いてみます。いいのができれば提出しに行こうと思っています。


どくしょかんそう文
1年 さん川たくろう
ぼくは、「就活のバカヤロー」という本をよみました。なんでよんだかというと、おかあさんとおとうさんがしゅうしょくするためにはよんでおいた方がいいよといっていたからです。どんな本だったかというとさまざまながくしゃさんのけんかいを学べ、ひじょうにためになる本でした。しゅうしょくひょうがきと言われているこれからの時代、しゅうしょくするのは非常に難しいので、資格を取る、コミュニケーション能力を高めるなどして自分を表現できる領域を広げていかなければならないなと思いました。

あとがき  多分担任は忘れています。

お後がよろしいようで。